FXを始めるなら元手10万円が良い理由

wallet-867568_1280

FX初心者ならまずは10万円を用意しよう!

「FXを始める為の資金はいくら必要か?」という問いに対しての答えは「人それぞれ違うからなんとも言えないよ」が最適かもしれません。
ですが、私はまずは10万円からFXを始めるべきだと思っています。

その理由としては以下のようなポイントがあります。

FX業者選択の幅を狭めたくない

FX取引を開始するには、FX口座を開設する必要があります。
そして、FX業者を大きく2つに分けると「1万通貨単位の業者」と「1000通貨単位以下の業者」に分かれます。

1万通貨単位の有名なFX業者で言えば、GMOクリック証券、DMMFXがあるのですが、この2社は日本のFX業界で人気ナンバー1、2を争っています。

また、1000通貨単位のFX業者で言えば、外為ジャパン、YJFX、FXプライムbyGMO、ヒロセ通商、外為どっとコム等があります。
100通貨単位ならマネーパートナーズ、1通貨単位ならSBIFXトレードやOANDAJAPANがありますよ。

これら1000通貨以下に対応しているFX業者は、先ほどの1万通貨単位の業者と違って、「より小さい資金でスタート出来るメリット」があります。

ただし、FX業界で取引高や顧客口座保有数で人気上位はGMOクリック証券、DMMFX・・・・という並びになっています。
その理由はなんだと思いますか??

私なりの答えとしては、「取引コストの安さ」「取引ツールの使いやすさ」だと思っています。

FXは1万円でも始められるが、それだと人気上位2社の選択余地がない

もうちょっと踏み込んで見ていきましょう。

FXの広告で「少額からでも取引可能!」「わずか5000円からでFX取引が出来る!」といったキャッチを見かけた事はありませんか??

それはその通りです。

ただし、例えば元手資金1万円でFX取引をスタートさせると仮定した場合、GMOクリック証券とDMMFXの口座開設は必要ありません。
というか、口座開設したところで取引が出来ないからです。

なぜか??

それはこの人気の2社は「1万通貨単位」を採用しているからです。

米ドル円を1万通貨買う為には5万円前後必要

例えば米ドル円の為替レートが1ドル110円としましょう。
そして最低購入単位の1万通貨を買うとします。
※レバレッジは利用できる最大の25倍で計算

するとあなたが用意するべき最低金額は「4万4千円」になります。
計算式は以下の通りです。

110円×1万通貨=110万円
110万円÷25=4万4千円

また、この最低必要証拠金額というのは、日々変動している為替レートの水準によって変化します。
ですので、1ドル120円になった場合には更に多くのお金(4万8千円)が必要になりますよ。

つまり、FX業界で最大の人気業者である「GMOクリック証券」や「DMMFX」で口座開設し、実際にFXトレードを始めるには5万円前後は用意する必要があるって訳です。

最低必要証拠金ギリギリで取引をするのはおすすめしない!

そして、先ほどの「最低必要証拠金額」はあくまでも”最低”です。
FXのメリットであるレバレッジ(テコの原理)を利用し、少ない金額で大きな金額を動かす仕組みを最大限に利用した場合の金額になります。

どんなFXのサイト、ブログを見て頂いても書いてあると思いますが、「レバレッジはあまり掛けすぎないように!」「レバレッジ25倍使うなんて資金管理が出来ていないも同然」「レバレッジ10倍~15倍程度が適正」「長期投資をするならレバレッジは2~3倍以内に」などなど、あくまでも”最大”のレバレッジ25倍であって、余裕を持った取引をすることがおすすめされています。

私も同様にこの意見に賛成で、FXのデイトレードをする場合にはレバレッジ10倍~15倍程度が「リスクヘッジをした上で、効率良く資金を増やす為に最適」だと考えています。

私はスイングトレードよりもデイトレードの方がメインですが、例えスイングトレードで少資金から目標高く設定したとしてもレバレッジは10倍程度が最適でしょう。

スイングトレード手法については、私の専門外でもあるので、下記サイトが要点絞ってあって分かりやすいと思いますよ。
FXのスイングトレードで勝つ為にはどうするか?

という訳で、「米ドル円1万通貨を取引する」と考えた場合には、「元手資金10万円が最適」と思う訳です。

そして、「どうして1000通貨単位のFX業者もある中で1万通貨にこだわるのか?」と言う点については、「その業界で最も人気のあるサービス・業者・アプリを使いたいから」と答えます。

つまり、FX業界で4年連続取引高がナンバーワンの「GMOクリック証券」、もしくはFX口座保有数1位のDMMFXを利用する為には、1万通貨で取引する必要があるって事です。

そして、資産運用としてのFX、為替相場でしっかりとした金額の利益を出す事が目標であれば、「10万円程度は用意する事」はとても大切だと思ってますよ。

GMOクリック証券やDMMFXの人気の秘密は??

冒頭で軽く触れましたが、GMOクリック証券やDMMFXの人気要因は大きく2つあると思います。
1つは「取引コストの安さ」、そして2つ目は「取引ツールの使いやすさ」です。

スプレッドが狭く、取引コストが安い!

GMOクリック証券にしても、DMMFXにしても、「スプレッドが狭い」です。
イコール、取引コストが安いという意味になりますが、これは非常に大きいです。

FXの取引にしても、株の取引にしても、投資するなら手数料は安いに越した事はありません。

「手数料負け」という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、1日単位、1週間単位、1ヶ月・・・と何度も取引を繰り返していくと、1年間経って振り返った時には膨大な取引量になっています。
ちりも積もればってやつですね。

そして、その1つ1つの取引にスプレッド手数料はかかっています。

ですので、よりコストを抑える事が出来るFX会社を選択する事は私の中のルールとしては”絶対”です。
「もうちょっと手数料が安ければ利益が出ていたんだけどなぁ・・・」なんて思いはしたくなりですからね。

また、損失が出ている状態だと、的確な投資判断が出来なくなるケースもあるので、そういう意味でも余計な手数料はかからないFX会社を選択する方が良いですよ。

スプレッドが安いFX業者を図るものさしは米ドル円!?

FXで取引できる通貨ペア数は本当にたくさんあります。
アメリカの米ドルに始まり、ユーロ、ポンド、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、南アフリカランド円、トルコリラ、人民元・・・・などなど。

そして、「米ドル円」という組み合わせを始め、「ユーロ円」「ポンド円」・・・「ユーロドル」「ポンドドル」などなどかなりの種類があります。

大体取引できる通貨ペア数が少ないFX業者で10種類、多い所で50種類近くにもなりますよ。

それら1つ1つの通貨ペアに取引コストである「スプレッド」は別々に設定されています。

ただし、「スプレッドが安いFX業者」を選ぶ際には、1つの分かりやすい指標があります。
それは「米ドル円」のスプレッドが安い業者は、他の通貨ペアも全体的にスプレッドが狭く設定されているという事です。

そして、「米ドル円のスプレッドが狭いってどのくらい?」という点については、「0.3銭(原則固定例外あり)」が1つの目安になります。
現在、米ドル円のスプレッドがFX業界で最安値水準になるのが、この0.3銭だからです。
※原則固定例外ありについては、相場の流動性によってスプレッドが変動するという意味です。これはどの業者も同様です。

もちろん、私のおすすめのFX口座である「GMOクリック証券」も「DMMFX」も米ドル円は0.3銭(原則固定例外あり)のスプレッドで提供してくれていますよ。

という訳で、FXを始めるならまずは10万円を用意して、そして、人気のFX業者で口座開設申込をして始める事をおすすめします!